FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞めたきっかけ

辞めたきっかけは、「三願転入で私が助かる」という教えに疑問を持ったことです。

親鸞会で、19願は要門であり、要とは、

1.必要の要
2.かなめ
3.重要の要
4.かならずとも読む

と習いました。

往生のためには19願を通らなければ18願で救われない。この親鸞会の教義に疑問をもったために私は辞めました。

親鸞会に少なくない財施をしていたのは、19願には善のすすめがあり、その中の財施をすることでこの道を進むと思っていたからです。

果たして19願を通って救われるのか否か。つまり、往生のために善をせよという教えがあるのか否か。それを考えるために、『選択本願念仏集』を拝読してみます。

一向専念無量寿仏とは、親鸞会で阿弥陀仏一仏に向かいなさい、阿弥陀仏一仏を信じなさいということだと教わっていました。

しかるに本願のなかにさらに余行なし。三輩ともに上の本願によるがゆゑに、「一向専念無量寿仏」(大経・下)といふ。

「一向」は二向・三向等に対する言なり。例するにかの五竺(印度)に三寺あるがごとし。一は一向大乗寺、この寺のなかには小乗を学することなし。二は一向小乗寺、この寺のなかには大乗を学することなし。三は大小兼行寺、この寺のなかには大小兼ね学す。ゆゑに兼行寺といふ。

まさに知るべし、大小の両寺には一向の言あり。兼行の寺には一向の言なし。いまこの『経』(同・下)のなかの一向もまたしかなり。

もし念仏のほかにまた余行を加へば、すなはち一向にあらず。もし寺に准ぜば兼行といふべし。すでに一向といふ、余を兼ねざること明らけし。

すでに先に余行を説くといへども、後に「一向専念」といふ。あきらかに知りぬ、諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ。もししからずは一向の言もつとももつて消しがたきか。(『選択集』三輩章)


アニメで、何度も法然上人も親鸞聖人も「一向専念無量寿仏」と言われています。それは、善を廃して念仏せよという上記のお言葉の意味であることがわかります。

親鸞会会員の方には、自分でお聖教を読んでもわからないから読まないという自覚の人が多いかもしれません。かく言う私もそうでした。しかし、それは訓練次第だと感じます。

教学聖典で学んだことを通して拝読できる箇所が多いからです。その点は、今も感謝しています。
スポンサーサイト
プロフィール

mosh

Author:mosh
親鸞聖人の教えによって救われたい自覚を育てられたご恩を感じつつも、教えに疑問を持ち、親鸞会を2010年6月に退会しました。
今も、親鸞聖人の教えを少しずつ学び続けています。親鸞会の方にお読み頂ければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。